Pranava Life 通信 vol.3

〜形のないものに形を与える〜

前回に引き続き、新しい顔でこんにちわ!


Soul Space UNEELEN(改)、Pranava Life(プラナヴァ・ライフ)からお届けしています、ほうこ(改)、川村イーシャです。


先日、熟練したセラピストの友人が、「なんでもいいわけないじゃん!!」って叫んだ瞬間が、今でも忘れられませんw

なんでもありで、なんでも良くて、全部感謝です、なんていうのは、ノーが言えたときに初めて真実として響く。

つまり、ノーが言えなければ、「個としての自分の意志」を知ることがなければ、大いなる意識には到達できないのです。

そんなかっこいい友人の叫び声に「そうだ、そうだー!」って思わず、拍手した私でした。

最近よく、人生というのは、選択の連続なんだなと感じる場面に遭遇します。

統合、統合というけれど、陰陽太極図が、この世の中心にあるとしたら、世界には確かに、ある時点において、二極のものが存在しているわけです。

だからこそ、それらが、回転し続けることができる。

つまり、回転という第三の力によって、二極化したものが動き出し、そこで初めて、世界は新しいステージへと変容していくわけですね。

ですから、その新しいステージに入るためには、必ず、二極化の世界において、ありのままの事実を、意識の力で見ている必要があります。

それは、自分の中の隠された陰の部分を見ることでもあり、否定され続けている陽の部分を受け入れることであるかもしれません。

二極を見るというステージにおいては、意識の力によって、隠されたものをあぶり出す作業が必要です。

この作業は、多少の勇気、いや、多大な勇気を必要とすることかもしれません。

セラピーというのは、このステージにおいてとても役に立ちます。

ですが、巷のスピリチュアルブームを見ていると、この部分というのは、結構すっ飛ばされているように感じます。

つまり、ここをすっ飛ばして、大いなる意識であるとか、感謝とか、統合という方に、無理やりに進もうとする人々が多くいる。

すっ飛ばすやり方というのは、確かに、意識を拡大する上で、作用します。

一時の高揚感や、自己肯定感、感謝や、感動が広がって、まるで、自分が全能であるかのような感覚になったりもします。

ですが、それは、決して、長続きしません。

つまり、二極化されたものを意識化しておくステージを超えない限り、一瞬の高揚感や、拡大するような全能感を得た後は、ジェットコースターのように、意識が急降下していくのです。

麻薬みたいなものですよね。

LSDが、意識の変容のために利用されていた時代の話ともリンクするでしょうが、そのときの教訓と同じで、自分の内側の闇をみないままに利用していると、せっかくの魔法は、ただの逃げになってしまい、中毒に陥ってしまうんですね。

スピリチュアルな一瞬の高揚感と急降下の体験を繰り返していく中で、体と心が分裂していくというのは、チャネラーやヒーラーには良くある話。

かつては、私にとっても、決して、他人事ではありませんでした。

だからこそ、私自身も、不安定だった足場を固めてきたわけなんですが、その足場固めは、このスピリチュアルブームにおいて、とても重要なことだと、何年経っても思うんです。

地に足が付いていないと、「知っている」はずなのに、現実は何も変わらず、むしろ、カオスが広がっていきます。

そんな状態を繰り返しながら、「何かがおかしい・・・」っていう得体の知れない感覚を持って、私のセッションルームの門を叩く方が、数年前から増えています。

そして、ありがたいことに、数々のワークをくぐり抜けてきた方が「そういうことだったんだ!」って納得される瞬間に出会うことがあるわけですが、それは、もちろん、私にとって、とても光栄なことです。

もし、私にその役目が与えられているのだとしたら、これからも、それを、喜んで引き受けたいと思っています。

スピリチュアルブームの最中、感動とか、感謝とか、愛とか、統合とか、どこかで聞いた素敵なセリフ。

だけども、何かが違う、何かがずれていて、ピントがあっていない。。。

そんな風に感じたことはないでしょうか?

二極化されたステージをありのままに見るとき、私たちは、理想としていた自分の殻を破る必要があります。

ですから、きれいごとや、かっこつけたことは何一つ言えないんです。

苦しいことや痛かったこと、バカみたいなこと、子どもっぽいこと、そうであってはいけないって押し込めてきたものを、全部ありのままに受け入れることから始まります。

そこを通過すると、実は、人は、すごく個性的になります。

仙人みたいになるのではなくて、人間としての自分をトータルで生きるようになるんです。

ちょっとわがままだったり、どうしようもないくらい、個性がにじみ出て、誰かとすごく違っていたり。

そして、嫌われることを恐れず、自分らしい表現を、自然に、そして、堂々とできるようになるんです。

そんな人って、すごくチャーミングだと思いませんか?

だけども、なんだか綺麗な愛とか感謝とかで、塗り固められた世界に生きていて、そこを通らない人っていうのは、その人の形がぼんやりとしていて、くぐもっていて、膜がかかったようで、ピントがあってない。

正しいこと、ごもっともなことを言っているようでいて、それは、机上の空論。

何かを見ているようで、見ていない、曇ったようなエネルギーと、満たされない現実生活。

身体を大切にしてなかったり、大切にしてないということさえ気がついていなかったり、ね。

「現実生活が不幸なヒーラーが多すぎる」っていう話を、尊敬するマスターが言っていましたが、確かに、残念ながら、そんな現実が、私にもちらほら見えます。

「人生は選択です。」

それが良いならば、それを選択し続けるのも、自由です。

だけども、ここで、言及したいのは、意識的にそれを選択しているのではなく、「無意識にそれを選択している」ことについてです。

私たちは、本来自由であるとするならば、その自由には、形のないものに形を与える、とか、無限であるものを、有限に変えるとか、そんな創造者としての喜びと責任が存在しています。

創り上げたものから逃げないで、それを生きることができたときに、私たちの魂は成長することができるんです。

なんでもありの大いなる世界から、あえて、形を持ってやってきた私たち。

自分の意志で選択していくっていう、この世界に宿る究極の技を使いこなせたときに、新しい次元の扉が開きます。

それこそが、変容。

変容のためには、意志の力が必須です。

形のないものに形を与えて、現実生活を豊かに、喜びに溢れるものにすることをモットーに、これからも、Pranava Lifeは活動していきますよ!
text
今年は、個人セッション以外でも、いろいろな場所で、お目にかかれる機会がありそうです!

イベント情報を、ぜひチェックしてみてくださいね。

 love and joy

川村イーシャ

◼︎イベント情報 

※リンクが切れている場合がありますが、URLをすべてコピペしてサイトへアクセスしてください。


・スカイプと対面で受けられる、お得なモニターセッション!オンラインセラピーSphiqueによるカラーリーディング&Bridge of truth 

https://www.sphique.jp/【特別モニター】カラーリーディング&bridge-of-truth-544/ 


・2/19(金)オンラインセラピーSphiqueによるフィジカルチャネリング体験会@新宿https://www.sphique.jp/219(金)無料!フィジカルチャネリング体験会-565/?preview=true&preview_id=565&preview_nonce=f0e2cf0921 


・ジュエリーメッセージリーディング presented by Shamanic Jewelry MWANGA and MCHAWI

2/16(火)茅ヶ崎

https://www.facebook.com/events/1835638613329650/ 

2/19(金)新宿 

https://www.facebook.com/events/181863835504236/


◼︎人と人をつなぐ、オンラインセラピーSphique 

Sphiqueセラピスト養成中! 

https://www.sphique.jp/【募集中】0期利用者様-461/ 

facebookpage:https://www.facebook.com/sphique.online/

 
このメールの送信者:川村イーシャ info@pranava.life 宛先 pranava.life@gmail.com
このメールマガジンを購読しない→ 登録の解除 | 登録情報の更新 | このメールマガジンを購読する→ 登録 | 興味をお持ちですか? 他の人に紹介
Pranava Life | 253-0061 | 神奈川県茅ヶ崎市南湖4-16-42-10 |
 https://www.facebook.com/pranavalife/